絶対的規約事項2  共用部分の共有関係①

信州は上田市で、マンション管理士をしております雪入です。今日から本格的に、区分所有法が規定する「絶対的規約事項」について解説します。

さて、区分所有法(以下法とする)は第11条第1項において「共用部分は、区分所有者全員の共有に属する。ただし、一部共用部分は、これを共用すべき区分所有者の共有に属する。」と規定し、同条第2項において「前項の規定は、規約で別段の定めをすることを妨げない。(以下省略)」と規定している事から、本項の規定は「絶対的規約事項」です。

ここで「共用部分」とは、前回も解説したように「法定共用部分」と「規約共用部分」の事です。従って「敷地」は「共用部分」ではありません。ちなみに「敷地」にも共用部分同様、「法定敷地」と「規約敷地」があります(法第5条第1項)。さらに「みなし規約敷地」という敷地もあります(同条第2項)。なお、これらの規定も「絶対的規約事項」です。

そしてこれらの規定を受けて、マンション標準管理規約は第9条において「対象物件のうち敷地および共用部分等は、区分所有者の共有とする」と規定し、区分所有法と同様の確認規定を設けています。 ではこの「共有」とは一体何を意味するのか?。私法の一般法である民法にも「共有」の規定があることから、両者は同じものなのかが次に問題となります。続く。

マンション管理士  雪入 憲生(Norio Yukiire)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA