絶対的規約事項3  共用部分の共有関係②

信州は上田市で、マンション管理士をしております雪入です。今日は区分所有法やマンション標準管理規約の「共有」と、私法の一般法である民法の「共有」の規定は同じものなのか、について解説してみたいと思います。

まず一般法である民法は、「共有」について第249条以下に規定しています。簡単に言うと、各共有者は共有物の全部について、持ち分に応じて使用する事が出来(第249条)、持ち分の割合は特段の定めがない限り均等と推定されます(第250条)。また自己の持ち分の処分は自由に出来(第206条)、保存行為は単独ですることが出来ます(第252条但書)。管理の費用については、当然ながら持ち分に応じて負担しなければなりません(第253条)。

次に、賃貸借契約の締結や解除などの「共有物の管理」については、 持ち分の価格の過半数により行う事が出来ますが(第252条本文)、抵当権の設定など「共有物の変更」は全員の同意がなければ行う事が出来ません(第251条)。なお、各共有者はいつでも「共有物の分割」を、他の共有者に対して行う事が出来ます(第256条本文)。もし共有者の一人が、①自己の持ち分を放棄したとき、また②相続人がなく死亡した場合には、その共有者の持ち分は他の共有者に移転します(第255条)。

次回は特別法である区分所有法の「共有」について解説ししてみたいと思います。

マンション管理士  雪入 憲生(Norio Yukiire)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA